医療広告ガイドライン
Aさんは、往診歯科医院(練馬区大泉学園町)の営業職として、地域のケアマネジャーさんと信頼関係を構築をつくってきました。
ところが、昨年1年間様々なパワハラ退職強要と不利益変更を受けたあげく、今年の仕事始めより、「院内営業のみをやれ」との辞令によって、近隣の駅前などでのリーフレット配布を強いられています。
 これによって、訪問営業での歩合給は当然出ていません。
 逆に、院内営業はこれまで専門で行った人はおらず、どの場合に歩合給が支払われるかの基準もあいまいであり、仮に支払われてもその割合は訪問営業の10分の1です。
 こんな会社にとって都合のよい配置転換は言うまでもなく不当です。

●医療機関の広告には規制あり!
そもそも、医療機関は広告に対して医療法や医療広告ガイドラインによって厳しく制限されています。
皆さんは、何十年と生活していて歯科医院が営業しているビラをもらったことはありますか?
歯科医院の「オープニング」というならともかく、それ以外ではおそらく出会った経験はないと思います。
実際に保健所や厚生局に尋ねたところ
「駅前でビラ配りをするという歯科医院の営業など聞いたことがない」
「『自信がある』とか『自費診療をおすすめしません』などの内容は違法の可能性が高い」
「ビラを渡す時に『来てください』とか『うちはうまいですよ』という音声の内容も、ガイドラインにあるので注意する必要がある」

との回答を得ています。
ある医科歯科の院長先生からは「そんな歯科医院はコンプライアンス遵守の意識が低すぎる」との意見も寄せられています。

失業イラストそんな違法スレスレのビラ配り営業を、往診歯科医院の院長(理事長)は恥ずかし気もなく労働者に命じているのです。
医療は単なる「金儲け」ではなく、社会的行為(社会保障)です。Aさんは、胸を張ってできる仕事がしたいのです。地域の居宅介護支援事業所などの信頼を得て胸を張ってできる仕事に戻りたいのです。
そういう職場に変えるためにがんばっています。
ぜひご支援をよろしくお願いします。

ツナグのブラックな実態
●訪問歯科コンサル「ツナグ」の違法性を厚生局に告発!
Aさんが昨年5月から年末までさせられてきた「訪問歯科ツナグ株式会社」の経営実態は、契約している歯科医院に患者様を紹介して、その患者様の診療報酬から2割のマージンを受け取るというものです。
「経済的利益を目的」とした患者の紹介は違法であり、「患者を紹介してもらった対価として経済的利益の提供」をする事も違法だと、関東信越厚生局に既に確かめていました。

先日の団体交渉で、往診歯科の理事でありツナグ株式会社代表の院長夫人は「診療報酬から2割受け取っているが、契約名目が『患者を紹介する』内容ではなく『訪問歯科コンサル』名目だから違法ではない」と主張しました。
これについて、厚生局に確認しました。
●まず、名目云々ではなく、実態として経済的利益を目的として患者を紹介し、診療報酬の2割を受け取っている事実。
●そして契約している歯科医院が診療報酬2割を支払っているという事実。
●したがってそういった契約をしているという事実があれば違法である。
との回答を得ました。
この確認のもとで厚生局に告発を行いました。

怒りイラスト③往診歯科医院の理事長夫妻は、まだ訪問営業に戻す回答をしていません。
現在、東京都労働委員会のあっせんを控えての大詰めの段階です。

往診歯科医院経営のブラックぶりは、医療を単なる「金儲けの道具」に変えるものであり、一医院の問題ではありません。
ユニオンとして、A組合員とともに往診歯科医院を健全な職場にして、仕事に誇りをもって働ける現場に変えるために全力をあげています。
是非ご支援をよろしくお願いします。

往診歯科医院ビラ1
 Aさんは、往診歯科医院(練馬区大泉学園町)の営業職として働いてきました。地域のケアマネジャーさんと信頼関係を構築し、多くの訪問歯科の患者様を紹介していただいてきました。

 ところが、昨年から院長(理事長)夫妻からひどい扱いを受け続けています。
*院長夫人が経営する別会社との業務委託契約を結ばされ、遠方での営業を強制される。
*別会社での営業成績が悪いと、賃下げの雇用契約書と退職届のどちらかへのサインを迫られる。
*「営業ならあたりまえ」とサービス残業を強いられ、拒否したら今度は残業禁止命令。
*労働組合に頼むと告げると「団体交渉はやめてくれ」とあからさまな組合忌避の不当労働行為。
ブラックのオンパレードです。

今年の仕事始めから、今度は院内営業のみの辞令が出され、寒空の中、駅前のビラまきだけをさせられる毎日です。
往診歯科医院では訪問歯科治療がほとんどで、院内営業を専門にやっていた営業職は過去にいません。それを強制するとは、仕事を干すパワハラであり退職強要です!
Aさんは基本給+歩合給で、歩合給が削られ残業代が払われないことで、給与が大きく減りました! これでは家族を抱えて生活していけません!

現在、東京北部ユニオンに加入し、不当な人事(不利益変更)の撤回を求めています。ご支援の声、会社への抗議の声を寄せて下さい。

ツナグのブラックな実態
●往診歯科医院経営のブラックな働かせ方
別会社(ツナグ株式会社)との業務委託契約を強制。
偽装請負の疑い濃厚!
 Aさんは、往診歯科の職員でありながら、院長と院長夫人によって強要され、昨年5月1日から「訪問歯科ツナグ株式会社」の営業を始めました。
「訪問歯科ツナグ株式会社」とは、院長夫人が代表取締役として設立した訪問歯科コンサル会社です。
その契約は、出向や派遣ではなく、業務委託契約でした。つまり、雇用ではなく個人事業主扱いだったのです。これにはどんな問題があるでしょうか?

*「偽装請負」とは・・・
 書類上、形式的には請負(委託)契約ですが、実態としては労働者派遣であるものを言い、違法です。

*請負と労働者派遣の違いは・・・
 請負とは、「労働の結果としての仕事の完成を目的とするもの(民法)」ですが、派遣との違いは、発注者と受託者の労働者との間に指揮命令関係が生じないということがポイントです。

*労働者の方から見ると・・・
 自分の使用者からではなく、発注者から直接、業務の指示や命令をされるといった場合「偽装請負」である可能性が高いと言えるでしょう。

*「偽装請負」は・・・
 労働者派遣法等に定められた派遣元(受託者)・派遣先(発注者)の様々な責任が曖昧になり、労働者の雇用や安全衛生面など基本的な労働条件が十分に確保されないという事が起こりがちです。

偽装請負の代表的なパターン      

<代表型>
 請負と言いながら、発注者が業務の細かい指示を労働者に出したり、出退勤・勤務時間の管理を行ったりしています。偽装請負によく見られるパターンです。

<形式だけ責任者型>
 現場には形式的に責任者を置いていますが、その責任者は、発注者の指示を個々の労働者に伝えるだけで、発注者が指示をしているのと実態は同じです。単純な業務に多いパターンです。

<使用者不明型>
 業者Aが業者Bに仕事を発注し、Bは別の業者Cに請けた仕事をそのまま出します。Cに雇用されている労働者がAの現場に行って、AやBの指示によって仕事をします。一体誰に雇われているのかよく分からないというパターンです。

<一人請負型>
 実態として、業者Aから業者Bで働くように労働者を斡旋します。ところが、Bはその労働者と労働契約は結ばず、個人事業主として請負契約を結び業務の指示、命令をして働かせるというパターンです。

Aさんの場合、この<一人請負型>にあたります。
個人事業主として自由な裁量をもって働いていたのではなく、指揮命令を「ツナグ株式会社」の代表取締役(往診歯科医院院長の妻)がしていたからです。
というよりも、往診歯科医院経営とツナグ株式会社とは、院長夫妻の元で完全に一体であり、それを都合よく使い分けて働かせているのです。

団体交渉で、往診歯科医院側の社会保険労務士は「指示は、ツナグとしてではなく、往診歯科医院理事としているから違法ではない」と主張しました。
ツナグ株式会社の代表と往診歯科医院の理事が同一人物だから問題ない!? これこそ違法・脱法。ブラックな働かせ方というものです。社会的に許されません!

Inked訪問歯科ツナグ株式会社_LI※これは、求人サイトindeedに載っている訪問歯科ツナグ株式会社の求人です。

説明文では、「お給料は、基本給と歩合です」とあります。
でも、あれ? 上の方に小さく「業務委託」とあります。
Aさんもツナグ株式会社との業務委託契約で、基本給などもらっていませんでした(業務委託は個人事業主なので、労働契約に基づく給与ではなく、「成果による報酬」しか出ません)。

で、下の方も見ると「裁量労働制」とあります。これは、みなし労働時間の概念を用いら労働契約のあり方で、業務委託とは全く異なります

「業務委託」と「裁量労働制」が共通するのは、どちらも会社にとって都合がよい、労働者に不利益な働かせ方ということだけです!

2つの矛盾することを平然と求人広告に載せるとは、ブラックすぎます。



●地域の訪問歯科診療よりも、別会社の訪問歯科コンサルに力を入れる!?
院長夫妻は「往診歯科よりもツナグに力を入れたい」と公然と言っています。
別会社であるツナグ株式会社との業務委託契約を結ばせることが、往診歯科医院の経営方針だということです。しかもAさんが行かされていたのは都外の遠方です。片道2時間もかかり、営業する時間はわずか。
それでツナグでの営業成績が悪いと言ってパワハラし、往診歯科医院との賃下げ雇用契約を結ばせようとする。そして今は往診歯科医院の本来の営業から外しているのです。
こんなブラックな労務支配は許されません。

※更に、ツナグ株式会社が、契約した歯科医院の営業を受けもって、2割の成功報酬をもらっていることも、「経済的利益を目的とした患者の紹介」を禁じた医療法違反の疑いが濃厚です。
これについては、次回で述べます。


【Aさんが受けた会社からの不当な扱い】
●減給の労働契約か退職届かの2択の強制
労働条件通知書イラスト 昨年10月2日、三者面談との事で院長と院長夫人に呼び出され、「給与を貰いすぎだから」との理由で突然、約12万円の減給もしくは退職するようにと言われました。
 「考えさせてください」と言ってその場は終えましたが、その後数日に渡り「辞めるなら早く辞めてもらわないと困る」「必要ない」など言われ、回答を急かされました。
 過去にも理不尽な減給や退職に追い込まれた方が複数名おりますが、まさか私がターゲットになるとは思っていませんでした。


●解雇ちらつかせ、組合に相談したら残業禁止
労基法こけし 10月20日、再度話し合いを要求しましたが、聞く耳持たず、「解雇の方向で動く」と言われました。
 弁護士や労働組合に相談している旨伝えると、解雇の意向は撤回したものの、残業禁止を言い渡されました。
 ツナグ株式会社での営業先まで片道2時間前後の業務を命じられていたので、「往復で4時間前後費やしていては仕事にならない」と抗議しましたが、「営業はサービス残業だから」の一言で片付けられてしまいました。

●「院内営業のみ」の辞令でパワハラ退職強要
失業イラスト 今年1月4日「訪問の患者様の営業は外れてもらうから歩合は払わない」「今後は(10分の1の歩合給である)院内の患者様の営業を行ってもらう」と辞令が出され、訪問営業の移動手段の車を取り上げられ、自転車での営業を強いられました。
 また、ケアマネジャーさんからの連絡が毎日のように来るのにも関わらず、私の使っていた社用携帯も没収され、今までの業務を剥奪されました。


ケアマネからの信頼
【Aさんからの訴え】
 往診歯科医院院長夫妻がしていることは、会社の人事権の濫用ではないでしょうか? 
 医療は、人と人との繋がりがあり、初めて成り立ちます。私がしてきた仕事は、患者様の報告書をケアマネージャー様に毎月届けるなど何回も足を運んでまた次の仕事をもらえる、絶えず訪問をしなくてはならない業務です。
それなのに、営業先が確保されたから、歩合給を出したくないばかりに私が自ら辞めるように仕向けて、仕事を干すなんてもってのほかです!
 私は、訪問歯科の営業という仕事に誇りをもって働いてきました。これからも続けてやっていきたいと思います。
 元の訪問業務に一日一分一秒でも早く戻してもらいたいと思います。
 現在、ユニオンで団交を行うとともに、東京都労働委員会へのあっせんを申請しています。
どうぞ私が受けている会社の仕打ちに思いを寄せ、声をあげてください! よろしくお願いします。

ケアトラスト千川駅前1
介護関連会社㈱ケア・トラスト近くの地下鉄有楽町線千川駅前にて

介護現場はブラックなのか!
㈱ケア・トラストは
機能訓練士Aさんの解雇を撤回しろ

介護施設での不当な解雇が起きました。(株)ケア・トラスト(東京都豊島区長崎。サービス付き高齢者住宅とデイサービスを経営)に勤めてきたAさんが、利用者さんの機能回復のためにと会社に提案したことを理由に、今年6月に不当解雇されました。
現在、東京北部ユニオンで団体交渉を行い解雇撤回を求めています。ご支援の声、会社への抗議の声を寄せて下さい。


不当な出勤停止が明けて職場復帰したら待ち構えて即日解雇! こんなことは許されません

【解雇されたAさんの訴え】
 私は、埼玉県坂戸市にあるケア・トラスト「一期の家」の2つの施設で介護施設入居者の機能訓練指導を担当してきました。

 足漕ぎ車椅子が利用者の機能訓練回復の手助けに有効と思い、職場の上司に説明・業者から車椅子を貸し出してもらいました。両足及び右腕に麻痺がある90代の入居者を乗車させてみたところ、すぐに自分一人でその足漕ぎ車いすを漕ぎ始めたのを見て、感動して上司にこの車椅子のレンタルを提案しましたが無視されました。そこで、個人でレンタルし利用者さんに喜んでもらっていました。

 また、施設の隣には雑木林があり「夏、雑木林の中を散歩出来たらなあー」と言う利用者さんの思いを実現させてあげようと、今年の5月にケア・トラスト本部及び施設長に対して「利用者さんの雑木林利用について本部の許可をお願いします」と訴えました。
 しかしこの提案も無視されたので、雑木林を保有される幼稚園の園長に(雑木林の整備・散歩利用)要望メールを送信しました。
 
 ところが、そうした利用者のための行動を制裁事由として6月11日に懲戒解雇されました。そのやり方は、「弁明の機会」も一切なく、出勤してきたところを車で待ち構え、駐車場で『懲戒解雇通知書』を突きつけ職場から追い出すという暴挙でした(上の動画の通り)。
人生でこんな理不尽な処分を受けたことはありません。

 ケア・トラストは「ご利用者様にお喜びいただく、それによって自分も充実する、楽しめる。成長する」と「経営理念」で謳っています。しかし、高齢者が自力生活に戻れるようにしたいと思って私がしたことを理由に職場から排除するなど、ブラック過ぎます。
 会社は、解雇だけでなく、雇用期間を1年間から3か月に勝手に変更するなど、私を追い出すために違法不当のオンパレードをしてきました。団体交渉で、雇用期間の一方的変更については「不手際があった」と認めましたが、不当解雇については居直っています。
 私は、絶対に解雇撤回・職場復帰を勝ち取ります。ご支援の声をお願いします!

(株)ケア・トラストのブラックぶり
❶Aさんの雇用契約(1年間の雇用期間)を、今年4月から勝手に「3ヶ月」に変更。「事前に承諾を得た」と主張していますが、Aさんはまったく記憶になく、説明・承諾とも書面は交わされていません。つまり合意は成立していません。

❷Aさんは、5月26日に資料を職場の労働者と利用者に手渡したことをもって、5月28日より7日間の出勤停止処分を受けました。資料とは、「働き方改革」法についてのコピーです。労働者にとって大事な資料を渡したら出勤停止!?
 ひどすぎます。

❸そして6月11日には不当解雇!!

★こんなブラック企業は絶対に許しません!!

【抗議連絡先】
ケア・トラスト株式会社
代表取締役社長 辻 英史殿

住所 東京都豊島区長崎5-32-8
電話番号 03-5926-4300
FAX番号 03-5926-6617

ケアトラスト千川駅前2
12月26日、ケア・トラスト近隣の千川駅前で抗議のビラまきをしました

【ビラを受け取った皆さんの声】
★会社に意見を言ったら解雇!? そりゃひどいね。
★私も介護のお世話になる年齢。介護する労働者が大事にされない会社じゃ介護もちゃんとできないね。この近くにも施設があるんだね。
★私はベネッセの介護施設で働いています。介護は大変な労働。こんな解雇は許されません。
★介護に株式会社が参入しているからいろんな問題が起こるんだよね。介護は公的なもののはず。解雇なんてひどすぎる。

ケアトラスト千川駅前3

ケアトラスト千川駅前4
千川駅前でのビラ受け取り、非常によかったです!

★労働相談★ 
東京北部ユニオン
電話 03(6914)0487
メール tokyohokubu-union★yahoo.co.jp(★を@に変えてメールください)
※いつでも電話をください

↑このページのトップヘ