パワハラだめ
往診歯科医院の争議は、組合員Aさんを本来の訪問営業に復帰させる方向で、4月中に事務折衝が進んでいました。

ところが4月27日、理事長(院長)夫妻がAさんを呼び出し、その場で暴力パワハラ行為に及ぶというとんでもない事件が起こりました。Aさんは、身体的精神的打撃によって現在休職せざるを得ない状態にあります。

私たちユニオンは、この暴挙を徹底的に弾劾し、理事長夫妻の謝罪・賠償と訪問営業復帰の履行を要求してどこまでも闘うことを宣言します。

●4月27日、院内で起きた事態

①4月27日11時、理事長(院長)からの呼び出しで、Aさんが医院内の部屋に入りました。椅子に座ったところで、録音をさせないためか社用携帯電話だけでなく私物の携帯電話も取り上げられました。
②理事長が「改善指導書」と題する文書を読み上げている間に、理事長夫人が中に入り、背後のドアをふさぐように立ちました。
③「改善指導書」読み上げ後、Aさんが「これで終わりですね」と私物の携帯を取って帰ろうとすると、理事長夫人が立ちはだかり、「サインしろ」と迫りました。
④Aさんが自己防衛のために録音を始めたところ「やめろ」「切ってください」などと言って理事長夫人が携帯を奪おうとし、更に椅子から突き落とすなどの暴行をはたらきました。Aさんは足をひねり、またひっかかれて右腕の甲がみみず腫れになりました。
またAさんは心療内科にも受診し、「当面の間休職」の診断書が出ています。

これらは、職場の「安全配慮義務」(労働契約法第5条、労働安全衛生法第3条第1項)を負っている経営者、しかも医師・院長である理事長夫妻自身が労働者を監禁し暴力をふるうという、「パワハラ」を超えた異常極まりない暴挙です。明らかにAさんを暴力的に退職に追い込もうとするものです。

絶対に許せない! ユニオンは直ちに抗議の緊急アピール行動を行いました。
6586


●訪問営業復帰の「協定書」締結を妨害! 会社側弁護士事務所は辞任!
3月26日に院長からあらためて訪問営業復帰の提案があり、それをめぐって2回に渡る会社側弁護士との事務折衝が行われ、4月16日に基本的な合意に至りました。
会社側弁護士が「協定書案を作成します」と表明してから2週間、「理事長との詰めに時間がかかっています」と数度連絡が来るだけの状態が続いていました。
そんな中での4月27日の院長の呼び出しと暴行! つまり会社の意志で行ったはずの「訪問営業復帰」合意を、協定書締結直前になって自分でつぶすという暴挙だったのです。
その証拠に、4月30日には会社側弁護士から「辞任届け」が組合あてに送られてきました。「もうやってられない」というところだったのでしょう。組合への電話でも「まとめようとしたのですが、協定書まで至らなくてすみません」と謝罪していました。
実は、会社側弁護士が降りるのも2度目。院長が自分で提案した「訪問営業復帰」提案を一方的に破棄しようとしているのも2度目です。
使用者としての最低限のルールすら踏み外す理事長としてのあり方はあまりにも異常であり、社会的に絶対に許されません!
訪問営業復帰の基本的合意は4月16日の段階で既に成立しており、その明文化と調印を残すだけです。当然のことながら、医療法人社団ケアライフとして合意を履行する義務があります!

暴力パワハラへの謝罪を求めます

●「改善計画書」提出要求―処分策動を許さない!
理事長がAさんを呼び出し読み上げた「改善指導書」なる文書は、訪問営業復帰の約束については一言の言及もなく、ただただ「新規院内患者の獲得が不良」だと一方的になじる内容でした。
更に「5月6日に、院内患者獲得に向けての改善計画書の提出を求めます」「今後の改善が見られない場合には…懲戒処分を科す可能性がある」と処分まで公言しているのです。なんと盗人猛々しい!

私たちユニオンは、理事長夫妻の常軌を逸した暴挙を断じて許さず、Aさんを守り、訪問営業復帰をかちとるために、職場の皆さんと一緒に全力で闘います。
医療を金儲けの道具にするな! コロナ下で必死に働いている医療介護福祉労働者の皆さん。「五輪への500人の看護師動員」などあらゆる理不尽に声をあげていきましょう!

医療法人社団ケアライフ・往診歯科医院院長は団体交渉に応じ、謝罪しろ!

★抗議先★
往診歯科医院(東京都練馬区大泉学園町1-32-21)
電話 03(6904)6431 
FAX  03(6904)6432

パワハラゆるさない


IMGoushinekimae4
往診歯科医院(練馬区大泉学園町)でのパワハラ追い出しとの闘いは、3か月半を超えました。
院長(理事長)は、団体交渉・あっせんなどを経ながら、いまだにAさんを元の「訪問営業」に戻していません。

DSC_0014
3月31日の往診歯科医院前での行動

3月31日の行動後も、ユニオンは組合員Aさんと固く団結して、「一日も早く訪問営業に戻せ」「医療を金儲けの道具にするな」の声を地域からあげ続けています。
IMGoushinekimae2
大泉学園駅前、有名なアニメ像とともに

IMGoushinekimae3
「あしたのジョー」も熱く見守っている!

IMGoushinekimae6
地域の医療の問題に、ビラの受け取りもよいです。

IMGoushinekimae1
ビラを見入って、「医療に携わっている院長が、働いている人に仕事をさせずパワハラなんてひどいですね」と声をかけてくる人もいました。

IMG_20210331_204712
訪問診療の営業は、地域のケアマネとつながり医療を守る大切な仕事!
院長はAさんを元の仕事に戻せ!


Aさんが現場に戻るその時まで、声をあげ続けます!


DSC_0014
3月31日、東京北部ユニオンと地域の仲間、一陽会労組・泉陽会労組など医療福祉の仲間、計20人が「Aさんを訪問診療の営業に戻せ」の声をあげました。

DSC_0017
往診歯科医院の昼休みの時間帯、中にいる院長(理事長)に向かってシュプレヒコール。
(もちろん、医療機関前であり住宅街ということで、「争議行為予告通知」は出していましたが音量などには配慮しました)
往診歯科医院院長は、1月26日の団交の夜に「条件付きの訪問営業復帰」提案をしておきながら、3月5日に組合が受入れの通知をしたのに対し「組合があっせんで拒否したもの」と大ウソを言って拒絶。職場の中からも「早く訪問営業に戻してほしい」との声があがっているのに無視し、この年度末まで3か月間もの間Aさんへの不利益変更を続けてきました。これは退職強要のパワハラです!

DSC_0038 (2)
医院前に続き、歯科医院周囲でもアピールとビラ配布。

IMG_20210331_125143
地域の方が「医療に携わる経営者が労働者を大事にしないのじゃだめね」と言ってくれました。

IMG_20210331_204752
Aさんが日々医院のリーフレット配布を強制されている大泉学園駅前でもアピール。

IMG_20210331_204712
一目瞭然で目を引くボード。たくさんの方が声をかけてくれました。
「医療を金儲けの道具にするな!」

IMG_135022_1
高齢者の方々は「自分たちの問題だ」とじっと立ち止まってビラを読んでくれました。

DSC_0059
若い女性が「同じ青年として、Aさんへのパワハラは許せない」とビラまきを。

IMG_20210331_204622
Aさんにかけられた理不尽なパワハラは、すべての労働者にかけられたものだ!
一緒に闘っていきましょう!
往診歯科医院院長は、直ちにAさんを訪問診療の営業に戻せ!

↑このページのトップヘ