s-IMG_20200628_095912 (1)

6月26日、池袋で人材派遣大手の「ヒト・コミュニケーションズ」のグループ企業での時限ストライキが行われました。ちば合同労組による6月末雇い止め撤回の抗議の社前行動に、私たち東京北部ユニオンも合流して共にたたかいました。

IMG_20200628_095840bちば合同労組のAさんが働いてきた「SALES ROBOTICS」社の職場は、「ヒト・コミュニケーションズ」の本社ビルの中!
池袋駅東口からすぐです。

新型コロナ感染拡大による影響で解雇や雇い止め、派遣切りが激増しています。「SALES ROBOTICS」社は、インバウンド関連のコールセンター業務が減少したことを雇い止めの理由としていますが、有期雇用の契約社員を業務量に応じて増減させればよいとしか考えていないのです。
3月末にも20人の労働者を雇い止めし、さらにまた6月末で雇い止めを強行! 絶対に許せません。
「SALES ROBOTICS」社は、企業としての〝雇用責任〟についてはほとんど考慮することなく、有期雇用労働者を雇用の調整弁としてしか考えていないのです。

ちば合同労組が6月26日に行なった団体交渉では会社側弁護士が「3か月の有期雇用であり業務がなくなったから雇い止めになるのはアンラッキーだがあきらめてくれ」と主張したそうです。

私たち労働者は、ねじくぎなどの部品じゃない! 血の通った、家族も生活がある労働者をなんだと思っているんだ!
土砂降りの中でのスト支援行動でしたが、当該の組合員も元気に闘いぬきました。ちば合同労組と私たち東京北部ユニオン・東京西部ユニオンも連帯を込めて傘をさしてビラをまき声をあげました。

IMG_20200628_101358b
タクシー労働者で自らも不当解雇経験のある藤井副委員長は、マスコミでも話題になった「ロイヤルリムジン」での600人全員の解雇に対して複数の組合が立ち上がり、解雇を撤回させたことを報告し、当該組合員にエールを送りました。
「ロイヤルリムジン」での解雇は当初「休業補償よりも失業保険の方が労働者のため」「事業が上向きになったら再び雇う」との社長の言葉が肯定的にネットで拡散されましたが、真っ赤なウソでした。
再雇用を前提にしての失業保険給付などできませんし、雇用努力もしない一方的解雇は「整理解雇4要件」も完全に踏み外した暴挙でした。

いま、新聞が報じているだけでも数万人の労働者がコロナ感染の中での解雇・雇止め、失業の脅威にさらされていますが、その多くが「ロイヤルリムジン」や今回の「SALES ROBOTICS」と同じく、デタラメな不当解雇です。
ただただ企業の利潤のための一方的な解雇に「仕方ない」とガマンする必要などありません! 今回団交とストに立ち上がった当該の労働者のように声を上げていきましょう。

今回のストライキ行動は、池袋駅直近にある大手人材派遣会社人コミュニケーション本社ビル前で解雇・雇い止め反対を訴える社会的に大きな意義があります。ストをたたかった当該組合員などちば合同労組に敬意を表するとともに、なんとしても解雇撤回をかちとるために共に闘っていきたいと思います。


link-logo_rodo931
私たちは、全国33のユニオンが連携して労働相談活動を行っています。
解雇・雇止め、パワハラ・セクハラ、コロナ感染の職場安全……
いつでも連絡くださいね!

豊島区・板橋区・文京区・北区・練馬区などにお勤め・お住まいの方は、直接東京北部ユニオンに電話ください。またはブログのメールフォームから連絡ください。
電話03-6914-0487


IMG_20200501_140246
東京北部ユニオンは、合同一般労働組合全国協議会が行っているコロナウイルス関連労働相談を行っています。5月1日は、メーデー行動と同時に電話相談ホットラインを実施しました。

「労働相談ドットコム」は、労働相談・労働組合づくり相談ポータルサイトです。全国各地の33の地域合同労組・ユニオンが加盟する全国組織です。
コロナ感染による労働問題の急増に対応するため、全国ネットワークをつくっています。

解雇や雇い止め、感染問題…。労働問題が急増しています。あなたは悪くありません!堂々と企業・使用者に対応措置と補償を要求しましょう。労働者が団結して知恵を出し合って行動することが解決する力です。私たちは労働組合づくりを全力でサポートします。

全国協リーフ(改訂)-1

労働相談ドットコムのリーフレット

以下、職場の取り組みの参考になる制度や法律を紹介します。

安全配慮義務
まず使用者には、労働者の健康や安全に配慮する法的な義務があります。会社が適切な対応を取らずに職場で感染が拡大したり、労働者の健康が害されれば、会社の責任が問われます。

昨年、労働安全衛生法が改定され、産業医による労働者の健康管理などの責任が強化されています。会社は産業医が適切な判断で助言ができるように必要な情報を提供することが義務付けられました。

会社や産業医に対して、最新の知見に基づく労働者の立場に立った適切な具体策を検討させるよう労働組合として申し入れることは重要です。

37・5度以上の熱が続き、だるさや息苦しさの症状があってコロナウイルスに感染している可能性があるのに無理に出勤を求められた場合は、労働契約法5条「労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、(会社は)必要な配慮をする」義務を負っている(安全配慮義務)」を指摘しましょう。

休業手当
逆に症状が出ていないのに自宅待機を命じられるケースもあります。就労が可能で就労の意思があるのに無理やり出勤させてもらえない場合は、会社都合であり、会社には賃金全額を支払う義務があります。労働基準法も賃金の6割を支払う義務を規定しています(休業手当)。

有症状者や家族が感染した労働者は、会社の判断によって労働者を休業させるように要求すべきです。賃金は全額保証でまったく問題ありませんが最低でも6割の休業手当の支払いは必須です。 

ところが厚生労働省はウェブサイトのQ&Aで都道府県知事による就業制限で休業した感染者については「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないから休業手当を支払う必要はないと書いています。つまり厚労省は感染者に休業手当を払う必要はないと宣言したわけです。

およそ厚生労働省が感染拡大阻止を真剣に考えているとは思えません。ちなみに韓国では政府による生活保障、マレーシアでは賃金全額支給、シンガポールも支援金を支給しているようです。

結局、厚生労働省の指導では休業手当については会社の予防措置などの指示ならば休業手当を支払う必要があり、感染者あるいは労働者が自主的に休めば支払う必要がないとなっている。

雇用調整助成金
サプライチェーン途絶による操業停止や観光客減少による業績悪化の企業などについては1月24日から雇用調整助成金の特例が設けられた。大企業は労使協定に基づく休業手当の2分の1、中小企業は3分の2について雇用保険から助成金が支給される。

労働者が自主的に休んだ場合で、休業手当の支給がなされない場合は、年次有給休暇の取得も検討しうる。これまでほとんど取得できなった非正規労働者が権利行使するきっかけにもできる。もっとも会社側から強制的に年休を取得させるのはNGだ。

労災保険
医療従事者が患者から感染した場合は労災保険の給付は可能だ。09年に新型インフルエンザが流行したときは「原則として保険給付」との通達が出ている。しかし認定数はわずかと思われる。厚労省のウェブサイトには「一般にウイルス等の感染で起きた疾患は、感染機会が明確に特定され、業務・通勤に起因して発症した場合は保険給付の対象」と書いてある。

子どもや家族が感染した場合、世話も必要だし、自身も濃厚接触者となる。休校も広がっている。切実な問題だ。育児介護休業法に「子の看護休暇」があり、小学校未就学児のケガや病気で看護が必要な時に1年間に5日、こどもが2人以上の場合は10日休むことができます。

法律上の権利なので就業規則に書いてなくても権利行使はできる。年次有給休暇にある使用者側の時季変更権も看護休暇には認められない。ただし有給か無給かは法律上の定めがなく、民間企業の6割が無給である。

link-logo_rodo931
いつでも連絡くださいね!
豊島区・板橋区・文京区・北区・練馬区などにお勤め・お住まいの方は、直接東京北部ユニオンに電話ください。またはブログのメールフォームからどうぞ。
電話03-6914-0487


DSC_0102
コロナパンデミック下で、日本で100周年目のメーデーが行われました。
私たちは、医療を崩壊させ命と生活を破滅に追いやる安倍政権への怒りの「生きさせろ!5・1メーデー」として、厚生労働省前と首相官邸前に400人が集まり、要請と抗議行動をたたかいました。



「私たち労働者自身の命を守ることなしには、利用者さんの命と生活も守れない。医療・介護・福祉労働者は絶対に死んではならない!」この叫びは、コロナとの最前線でたたかう全世界の医療労働者の共通のスローガンです。

p20200501-01
厚生労働省前を「フィジカル・ディスタンス」で包囲

IMG_20200501_110902
医療・介護・福祉労働者が先頭に立ち、「病院・介護施設にマスク・防護服を寄こせ!」「100%の休業補償を行え!」のシュプレヒコールが霞が関一帯に響きわたりました。

p20200501-02

IMG_20200501_123106
政府は、「医療従事者に感謝を」と言いますが、実際には感染症指定病院にすらN95マスクも防護具も足りていません。「私たちは捨て駒にされている」とコロナ病床の看護師たちが悲痛な声をあげています。必要な物資と危険手当を直ちに!

厚生労働省前での発言をいくつかリンクを貼っておきます。
 

 



 

IMG_20200501_121023
 なによりも、安倍政権は公立・公的病院の削減を、小池都知事は都立病院の独立行政法人化(民営化)方針を、このコロナ感染状況下の3月に進める決定をしています。絶対に許せません!
 厚生労働省に要請した「医療・検査の拡充」「医療労働者の安全と補償」を実現するのはこれからです!
 

IMG_20200501_121449
首相官邸前では、改憲阻止!大行進呼びかけ人の森川文人弁護士などがアピール。
森川さんの発言内容はこちら↓
 


杉並区議のほらぐちともこさんも区議会報告

医療労働者の音頭で首相官邸に響き渡るコール!


IMG_20200501_121132
「アベNOマスク」出現! 郵政労働者の怒りです。

IMG_20200501_123703

IMG_20200501_122553
もっともっと、一緒につながり、行動していきましょう!

  
西日本新聞が報じてくれました!

2020生きさせろメーデー報告リーフ_ページ_1half
報告リーフができました。クリックすると開けます!

↑このページのトップヘ